私は過去に一度債務整理をした経験がある。債務整理の手法は大きく任意整理、個人再生、自己破産、過払い金請求の3種類に分かれる。
ここでの詳細説明は割愛する。私が経験したのは任意整理だ。

私は借金が300万円ほどあり、返済不可能な状況となった為、弁護士へ相談し、任意整理を進められた。任意整理を簡単に説明すると以下の2つのステップとなる。

1.弁護士が消費者金融などと交渉し、過払い金を返却してくれる。
借り入れ金額と期間にもよりますが、私の場合は70万円ほど元金を減らすことに成功した。

2.残った元金を無利息で返済する交渉をし、詳細を取り決める。
上記2点が成功すれば、任意整理をする当人は弁護士へ報酬を支払い、あとは元金を返済するだけとなる。
私の場合は借金300万円が230万円に減少したが、弁護士への報酬は40万だった為、ここから5年掛けて270万のお金を返済した。

社会人だった為、それほど負担にはならず黙々と毎月返済を重ねた。債務整理をすると最短で5年間は新規クレジットカードの作成やローンを組むことは出来ない。
個人の給与と借金総額によるが、可能であれば自力で1年、2年生活を切り詰めて返済し、その後何の制約も無い人生を取り戻すことが出来る。